かつきんの理念『限界突破』

こんにちは、かつきんです。

今回の記事では僕の自己紹介を
初めましての方に向けて
色々お話ししていこうと思います

まず、お前誰やねん。
てか何やってんねん?
って感じだと思うので

普段僕がやってることについて
ちょっとした動画をご用意しました

20秒ほどなので一度見てみてください

と、こんな感じで

『日本で一番作業ができる環境』として
『限界突破塾』を運営しております

僕自身まだまだ成長したい、
上を目指していきたい

と思っていますし、
そう言った熱量の高い方と日々
作業に明け暮れたり

はたまた遊ぶときはしっかり遊んで
みんなで温泉に行ったり

毎週やってる作業会終わりには
ビールと鍋で乾杯したり

ということをやっています

…と今ではこうした暮らしをしている僕ですが
初めからこんな感じだったのか?

というと全くそうではありません

特に僕の中で大きな変化が起こったのは、
2021年の出来事でした

そこでまずは

過去の僕とー2021年
で僕に起きた変化について色々話していきます

====

【過去の僕】

◆両親は公務員と看護師という割と固めな家庭に育つ

◆小中高どこに行っても「器用貧乏」という何も突き抜けたものものなければ超絶苦手なこともないという感じ。「なんでもぼちぼちできるが何者にもなれてない感」がえげつないコンプレックス

◆高校の時にハンドボール部に所属していてチームはインターハイに出るも僕はベンチで不貞腐れながら「はよ試合終わらんかな」という擦れた気持ちでいる

◆大学時代バイトとスマブラに明け暮れていたため頑張ったと誇れるものがない。故に自信がなくて就活しても受からず。

◆流石にやばいと思いビジネスインターンに行くも「なんかちゃう」感があり働き方にゲロ悩み

◆自分で食って行かなあかんのでは?と思い、働き方に悩んでたので三つほどビジネスコミュニティに所属…。今思うと明らかに悩んでいるが「参加している俺カッケー」っていう満足感と高飛車感で何も行動に移せず1円も稼げない時期が続く

◆コミュニティに参加してるだけではあかん。行動せなあかんと思いネットビジネスを始めて「仕組み化」にコミットしてみる。ちょっとだけ稼げるも全く安定せず(月5万円出ればオケ)

◆ネットビジネス開始6ヶ月で偶然月52万円稼げるも一人でやる限界を感じてコンサルを受ける

◆コンサルを受けた先生が年収1億&周りも年収1億稼がせてるのにも関わらず全く行動できず。人生最大のゲロ悩み(この辺は後で詳しく書いていいます)

====

【2021年〜今の僕】

◆1年間で月の最高売上約10倍に(50万円⇨500万円)

◆1週間でやった作業量が下記作業量

===

・ブログ37記事
・YouTube動画42本
・メルマガ10通
・ツイート160個以上
・公式LINE41通
・企画2個作成
・セールスレター1枚(リライトします)
・本10冊読破
・インプットのためのメール講座100個以上読破(正確な数は覚えてません…)
・公式LINE・ブログ・YouTube・Twitter全部の導線を修正 etc

===

あとは1日30000文字の文章を5日連続で書いたりとか(5日で158394文字)

◆クレカ止まって死んでたけど都内でシェアハウス運営できるようになる

◆自分が行動できなかったゲロ悩みを解決した方法を凝縮した「限界突破塾」という企画を始める

====

と、自分でも
信じられないくらいの変化が起こりました

特にこれまでの人生の中でも2021年は
「これまでの人生何年分進んだんや…」と思うような
濃密な1年間を過ごしてまいりまいした

そこで僕がこの1年間で

『どんなことをしてきたのか?』
『どうして変われたのか?』
『きっかけはなんだったのか?』

をこちらの自己紹介記事では
話していこうと思います

さて、少し話は変わりますが
このブログの運営理念として
「限界突破」を活動理念にしております。

これだけだとわかりにくいと思いますので、
どうして僕が「限界突破」
を理念に掲げるようになったのか?

この1年間で限界突破が
こんなにできるようになったのか?

ってことをストーリーで
まとめてみましたので、
ぜひ読んでいってみてください

1年間で人生が変わりまくった
限界突破のエッセンスを凝縮してますので、
読むだけでもかなり
限界突破に近づけるかと思います

では始まりです…

インターハイ出場をベンチで不貞腐れながら見ていた高校生時代

僕は高校生の時…
というかそれまでの人生でとにかく

『器用貧乏』

と言う言葉がこれほど似合う人間はいない
と思うくらいとことん器用貧乏でした

例えば勉強では、

クラスで一番ではないけど
30人中常に5番〜7番くらい

運動は柔道とハンドボールを過去やっていて、
柔道は県で3位〜ベスト16くらい(100人中)、

ハンドボールでは中学校で

『ぎりぎりレギュラー。
レギュラー当落線上にいるのは間違いなく僕』

みたいな感じで

『まあまあなんでもできるけど
なんも突き抜けたものがないやつ』

というなんとも渋い
高校生時代を送っておりました

勉強も
『なんかそこそこできてまうから中途半端にやってる』
って感じでしたし

スポーツも
『まあまあ練習行くけど自主練とか筋トレとか
しんどいことはしたくない』

という中途半端な自分が
いたことを覚えています

かといって超絶インキャとか
そう言うわけじゃないし友達はまあまあいる

って感じではあるんですが
『なんかちゃう』って思いながら
ずーっと人生生きてきました。

じゃあ家が貧乏だったのか?とか言われると

『そうでもないんだよね。
むしろそれなりに恵まれてる』

と父親が公務員で
母親が看護師の僕は思っていました

…ですが僕にとっては
なぜかわかりませんがとにかく

『恵まれてるはずなのになんか違う』
という感覚が強かったのです

なので僕がよく思っていたこととしては

『なんでこんなに恵まれてるのに
幸せって感じられないんだろうな?』

ということです

当時はその答えはわからないのですが、ぼんやりと

『何者かになりたい』

という気持ちがあったことは覚えています

僕は

『普通であること』
『自分が何者かになりたいのになれていない事』
『自分のポテンシャルを引き出しきれていない感
(もっとできるのに)』

ということに
強烈なコンプレックスを抱いていました

僕は生まれてから
ずーーーーーーーーーーーっと

『めっちゃ普通のやつで
なんかおもんないやん』

っていうことに対して
めちゃくちゃ嫌な気持ちを抱いていたというか
普通の人生クソつまらんという感情がありました

だからこそ自分自身が一番
『自分の限界を超えたい』
と心の底から思っていたのです

そして

====

◆夢はあるけど行動はできない

◆口だけ達者やけど何もしない。批判や不平不満が先に口から出てくる

◆他者分析をするのは好き

◆何もやり切った経験がなくて基本自分に自信がない。一生懸命頑張ってるものがない。

====

っていう超絶中途半端で
行動の伴っていない自分が
めちゃくちゃ嫌いだったし、

「なんでいっつもこんなに
中途半端なんやろなああああああ」

ってことに対して怒りというか、
悔しさというか悲しさというか。

『自分の理想って叶わんのかなあ…』
みたいなある種の絶望も覚えていました

と、そんな中。

高校生の時所属していたハンドボール部で
とある事件が起きます…

僕はこの事件をきっかけに
さらに自分のコンプレックスを
拗らせに拗らせていくことになります

この事件が僕の暗黒期の始まりでした

高校2年生の夏まで僕は例のごとく
レギュラー当落線上をずっと彷徨って
試合に出たり出なかったりを
繰り返しておりました

そんな中、8月の後半。
セミがまだ泣いている
地元の市民体育センターで
昼前の練習試合

相手は愛知県の強豪校。
試合は25分のうち15分ほど経っており、
3点差くらいで僕たちのチームが勝っていました

そして僕たちのチームがディフェンスの時、
相手チームのエースが
僕の方に突っ込んできます

僕は体を張って必死に止めに行きました…

その時「ガン!!!」と相手の肘が僕の顔面を直撃

「あれ?なんか…当たった?めちゃ痛いな…

ん?血が落ちてる…誰の?ああ僕のか…

あれ?なんか呼吸がしにくい…
それに硬いものが落ちてきた
歯?歯?は…?

え???????????????
なになになになに?やばいやろこれ…
歯がめり込んでるんだけど…」

と僕は相手との接触事故で
前歯が3本負傷する
大怪我を負いました

そのまま歯医者さんに直行して
僕は治療を受け始めます

『くそ…これで試合出られないじゃん…
練習してきたことが無駄になる…』

と思いつつ僕はもう一つ
『ほっとした』
と言う感情を抱いていました

僕はレギュラー争いから逃げ、
努力しな言い訳ができて

これから試合に出られない
言い訳ができたこの怪我を
『ラッキー』と捉えていたのです

挑戦しない言い訳ができた。
自分が努力しない言い訳ができた。
傷つかない言い訳ができた。

僕はそんな大怪我のことをラッキーだと捉えて、
そして挑戦をすることから逃げ続けました

そして3年生の夏
僕たちのチームは、滋賀県大会を制覇して
インターハイに出場します

みんなはそりゃあもう
めちゃくちゃ喜んでいました

ですが、当の僕はどんな感じだったか?というと

「はあ…早く試合終わらないかな…もうやだな…

なんであの人試合に出すん?
絶対僕の方が上手いやん。
あり得へんのやけど。

監督の目どうなってんの?

…ああ…試合終わった…

6年間続けてきたハンドボールで

最後のインターハイ。
僕は試合にも出られず終わるんか…

しょぼすぎ…」

と試合に出ることはできない、
頑張ってる仲間の応援を素直にできない、
結果を出してる人の応援ができない

と言うマジで心の狭すぎる人間でした

これも今思うとなのですが、

自分が努力していない時は特に

『嫉妬感』と
『僕は頑張れていないと言う罪悪感』から

他人の成功を素直に喜べず

またさらには罪悪感を消すために
『頑張ってる人を叩く』
と言う行動をとって自分を守ろうとする

さらにはそうやって頑張ってる人を叩く仲間?
を集めて低俗な承認欲求を満たしては、
なんか仲間がいる感じになっている

と言う感じでした…

書いてて思いましたが
クッソシャばいですねw

自分で書いてて思いました
頑張ればええやん。

勇気出して努力してみたらええやん

って話なのですが、
当時の僕はそんなことができず
苦しんでいました

正直人生めちゃくちゃつまらなかったし
「生きてるな」って言う感覚が
恐ろしいくらい薄く
どんどん時間だけがすぎていっていました

高校生の時までの僕はこんな感じで、
器用貧乏でとにかく頑張ってるものがない。

むしろ頑張っててできないのがダサい。
という価値観を持っていました

今思うと改めてシャバイですが
当時はめちゃくちゃ必死に
自分のことを守りまくっていました

 

年収1億超えの経営者に習うも何もできない。ビジネス&人生のゲロ悩み期

そんなこんなで大学生になり、
例のごとく何も自分で決めることもなければ

人生に対してものすごく後ろ向きだった僕は
就活に全部落ちて、

「このままではやばい」

と思い長期インターンシップで働くことになります

ですが!!!!

こんなにやばいと思っていたのに!!!!

ここで思っていたことはまた
「なんかちゃう」って言うこと。

なんでやねん!!!
って思ったんですけど、
ちゃうもんはちゃうんですよ笑

上司の方とかはめちゃくちゃいい人だったのですが

====

◆娘さんが生後3ヶ月なのに毎日終電回るまで働いてる

◆もともと起業したくて会社に入ったのに「会社にいる方がメリットあるから」となんかちゃう感

◆目上の人に怒られるのが怖すぎていつもプレッシャーでビクビクしてるし恐ろしいくらい仕事できない

====

と言うのもあって、

『会社員なんてやってらんねえよ』
『自己投資して人生変えてやるぜ!!!』

とあれこれビジネスコミュニティを渡り歩いては
何も行動することなく

『自己投資してる俺カッケー』

と勘違いをして
成果のでない状況が続いておりました

これも今思うと「僕は普通じゃない人間なんだ」
っていうことを必死にアピールしたかったというか、
行動してる自分はすごいと思ってるし
現実と向き合うとかではなくて
そこに酔っていたような感じはあります

そして最終的に
『元出もなくて大きく稼げるのはこれしかない!』
と思いセミナージプシー
(セミナー参加しても何もせんやつ。完全に養分)

だった僕はようやく腹を括って
インターネットビジネスの世界に
入ることになります

当時は『なんもねえ僕にはもうこれしかない』

と腹を括ってやってたので、
ゼロイチをなんとか突破したりとか、
たまたまですが
6ヶ月目には52万円稼ぐことができました

…とここで僕はようやく本当の意味で
「自分の現実と向き合う」ことになります

今まで頑張り切ったこともなければ、
人に負けないくらいやった経験もなかったので
「マジでそこそこ」の結果しか出すことができません

あとは、内面的な変化(自分のマインドなど)
が本当の意味でともなっていないので
これまでの自分の実力・
人生の中で積んできたことが

ありありと見えるような結果となりました

「あかん…
このままでは自分のなりたいものになんて
到底なれる気がしない…

どうしたらいいんだ…」
と僕は気づきます

2020年6月当時、
ネットビジネスで年収1億円。

さらには教え子たちも
年収1億円越え多数

と言う超絶優秀なメンターさんに
習うことになります

「とにかくもう普通で中途半端で
ここでできなかったら僕はもう終わり。
絶対絶対絶対絶対絶対なんとかする

もう言われたことには
『はい』か『YES』しか言わない。

絶対に言い訳まみれの人生にはもう戻らない。

部活の時みたいにベンチで不貞腐れてるような
あんな人生にはもう絶対に戻らない

何がなんでも人生変える」

という気持ちを持って
コンサルに申し込んでおりました

…なのですが僕はまたここで
「やりきれない」
自分の弱さや怠慢さに絶望することになります

何回絶望するねんw
とツッコミを入れたくなりますが
まじで絶望しまくってますのでw

具体的には

====

◆返事だけはめちゃくちゃいいが結局ダラダラして何もしない。進んでいない

◆修行を積むべき期間だけど意志が弱くて何もできない

◆なんでもっとやらないんだよ。周りの人はもっと頑張ってるのに。ととにかく自分を責めまくる

◆師匠の基準値に合わせられない。やり切った経験がないから自信がない

◆やりましょうね。って言われたことをやるのが「自分の基準」であって師匠の基準じゃない。無意識に逃げている

◆必死でやってるつもりではあるがずっと低空飛行

◆結果が出ないから鬼のように焦ってくるから余計できない

◆現実がいつ変わるのか?って言うことが不安で不安で仕方なくて現実逃避。おな○ーしまくり

◆結果出てないから遊べない。彼女とも会えない。みたいになって余計に病む。彼女とも喧嘩増える

◆頑張りたい気持ちがあるけど前に進めない。なぜ自分の体が前に進まないのかがわからない

====

とこんな感じの状況で
「なんでやらなきゃいけないのにやらねえんだよ!」

って言うのがもう不思議で不思議でたまらんし、
って言うかなんでなんまじで。って感じでした…

とにかくこの時はしんどくてしんどくて
昔自分が決意して「変わる」
って決めたことを守れていなくて、
言い訳ばっかりしていて

本当は変わりたいって心から思っているのに、
そんな『頑張りたい』って気持ちに何回も裏切られ
弱い自分を何回も何回も何回も何回も何回も見て

また今日もやろう。やるしかない。
凡人はできることを誰よりもやるしかない。
どうにかして人生変えるしかない。
今日もまた立ち上がるしか無いんだよ。
早く人生変えるための行動をもっととってくれよ。

「動いてくれええええええええええ
もっと人生変えるために
できることやってくれえええええええ

どうして動いてくれないんだよおおおお
ざけんじゃねえよおおおおおおおおお

僕は本気で人生変えてええんだよ
ふざけんななんでだよなんでだよなんでだよ

変えるって決めたじゃん。
変わるって決めたじゃん。
それなのになんで何にも動いてくれねえんだよ…

ううううううううううううう…

なんで現実はこうも
変わってくれねえんだよ…

なんでなんでなんでなんで…
なんて情けねえ人間なんだよ…」

と自分のことを責めて責めて責めて葛藤して
また変わらない現実と向き合っては逃げて…
ということを繰り返していました

2020年の11月末日
「明日クレカが止まる」って言う状況まで僕は、
深夜までYouTubeを見ては現実逃避し、
アラームを無視して昼ごろまで

「もう何やっても無駄じゃん…」
と自分の可能性を諦めて。

昼飯食って昼寝して夕方になって
また起きてオナニーして寝る

たまにブログ書くけどなんも行動していないから
「くそっっっっっっっっっっっっっっ
っっっっっっっっっっっっっっっそ」
つまらんブログしか書けん。

って状況が続いてました

生き地獄とはこのこと。
この状況ダサすぎるから
師匠にも親にも彼女にも
相談できません。

相談したらみんなから
見放されるんじゃないか…
本当に大丈夫なのか…

と言う不安と葛藤がありつつ
何もしないまま日だけ過ぎていき、

ゲロ悩みにゲロ悩みを積み重ねた結果
我慢できなくなって、

当時の僕と似たような状況に陥っていた
メンターさんに、藁をもすがるような思いで
相談をしにいきました

そしたらそこで

「梅田駅の百貨店のトイレ
全部掃除してみたらどうですか?」

とアドバイスをいただき
トイレ掃除をすることになります

正直この時の葛藤はえぐかったです

「はい?????????

どういうことですか????????

こっちは早よ稼がなあかんのに
トイレ掃除って何???????
マジで何言ってんの?

ええ?これ相談したことと
めっちゃちゃう答え返ってきてる気がするけど
大丈夫なんか…?

トイレ掃除…?笑
今の状況を打破するのと関係あるん…?」

と言う気持ちと

「いや…これで自分のいうこと聞いたら
また同じ間違いを繰り返すかもしれない…

これまで稼ぎたい稼ぎたいとか思ってて、
結局何もできてなかったのではないか…

それ今までの自分の思考パターンであれば
また同じ落とし穴にハマるんじゃ無いのか…?

トイレ掃除そんなにやったことないしな…
マジで効果あるんか?ほんまに大丈夫か?

いやああああああああああああああああああ
どうするどうするどうするどうする…

でも僕が思ってるのは
「ガチで変わりたい」ってことだし。

「変わる」ってことは
これまでの自分の選択と同じ選択を
とったらあかんやろ…
これは流石にあかん気がする…

どうしたらいいんだ…やるしかねえのか…」

という気持ちがせめぎ合っておりました

マジでこんな感じですよw
トイレ掃除そんなしたことないし
意味わかんないんでw

ここで僕が変われた理由というか
「ターニングポイントになったな」っていう
超絶重要な考え方がありまして

それは

「理由を知ってからやる」のではなくて
「先にやってみてから学びを得る・
言われた理由を考える」ということです

エベレストのようにプライドが高かった僕は、

・理由がないとやりたくない
・結果がどうなるかわからないことはやりたくない
・人の話を素直に聞かずに自分の話ばっかり聞く

ということを繰り返していて、

何も行動できてない人=自分

の話を繰り返し聞いてもはや「自滅」
を繰り返していました

素直に話聞いたらめっちゃ人生変わるのに、
それを「自分で」拒絶し続けていたのです

結局僕はこの後話を聞いて

「マジでよかった。自分の話聞いて
また、人生変えるきっかけ棒に振らんでよかった」

っていうことはめちゃくちゃ思いました

マジで大事なのでもう一回言いますけど

「理由を知ってからやる」のではなくて
「先にやってみてから学びを得る
・言われた理由を考える」

初手のこれが本当に大事

最初は意味あるのかどうか?
なんて考えてもしゃーない。

でもやったらわかるってことなのです

この時にトイレ掃除を通して

====

◆大量に成功体験を積んで「僕でもできるんだ!」と鬱っぽい気持ちが晴れたこと

◆トイレ掃除で変なプライドが消え去ってやる効果はわからなくても素直に人の話を聞く大切さを体感できたこと

====

この2点を学ぶことができたのが
めちゃくちゃデカかったです

これを学べたのが
今後1年間のビジネスの成長に直結した

と言っても過言ではないくらい大切な心構えでした

もし仮にプライドが発生して、
自分の話を聞いて「今までの自分の延長線上」
を選択していたら…

今頃まだ自宅でうずくまっているか、
不本意ながらもどこか適当なところを見つけて
なんとなく働いていた可能性だってあるのです

あの時勇気を出してトイレ掃除に行って、
よくわからなかっただろうけど
一生懸命やってくれた僕には
本当に感謝しています

師匠の言う事を聞いているも「なぜ伸びんのだ!!」と言う違和感が拭えない。からの限界突破で売上5倍に(69万円⇨349万円)

そして2020年の年末から僕は、
そのトイレ掃除を教えてくださった方の
コンサルに

「ここで変わらな一生変われない。
引っ越すことになるだろうけどやる」
と決めて、

当時大阪に4年ほど住んでいた家を解約し、
当時付き合ってた彼女(4年くらい付き合ってた)と

「なんでそんな急にいうのよ!
もっと相談してくれたっていいのに…」

と喧嘩しながらも(本当ごめんね)
師匠のいる福岡に単身乗り込み

住所地球生活が始まります

この時は大学院に行けなくなるわけなので、
親にも当然反対されたし、
学校の先生にもめちゃくちゃ迷惑をかけました
(2022年無事卒業完了しました)

しかも貯金なんてほぼなかった
(覚えてないですけど15万くらいだった気がします)
んですけど、それでもどうしても人生変えたかった

「頑張る。覚悟を決めた」
っていうこの自分の言葉よりも
「身の回りの人間関係と環境を変える」
ことの方が圧倒的にインパクトが
大きいことがわかっていたので

めちゃくちゃ怖かったですが
住所地球になることにしました

クリスマスの夜、空っぽになった家の中で僕は

「本当に大丈夫かな…
食べていけなかったらどうしよう…

こんなに啖呵切って
誰にも相談せずにやっちゃったけど…」

と思いながら
ものすごーーーーーーーーーーーーーーーーく
葛藤していました

でも、そうやって一つずつ自分の退路を断って
「弱い自分とは一回さよならする」
って決めたからこそ、
ここから人生が大きく
変わっていくことになりました

弱い自分は中途半端に逃げ道を作ったら、
絶対そこに迷って「やっぱりやめた」って選択を
取りかねないと僕は思ったからです

中途半端にやるんじゃなくて、

「怖いかもしれないけど
とことん退路を断って
迷いを断ち切る。

弱い自分とは絶対に離れることにする」

と決めて師匠のいる福岡まで
新幹線で向かいました

1月、2月あたりはほとんど結果が出ずに、
マジで大丈夫なのか…

という日々が続きました

これだけ退路を断ってもなお
サボる自分がいたので、

なんとか「コンテンツ作らなかったら10万円罰金」
みたいに罰金をつけたりして、
義務感を感じつつ

なんとか明日食べるご飯代を必死に稼ぐために
コンテンツを作って作って作って

違和感があるけどとにかく
作って添削してもらって
また作って添削してもらって

たまにプロモーションとかセールスやって
うまくいくこともあって…

でもまた作って作って作って…

というのを繰り返しておりました

と、僕はここで気づいたのですが
「ああ僕は家ないし住所地球だし
コンサルフィーも払わあなあかん。

そんな状況になってでも
とことんサボる時があるんだな」

ってことです

いかに自分を追い込んでいたとしても、
それでもサボるかもしれない。

僕はこの時に深く深く
自分がいかに意思力が弱くて
怠慢な人間なのか

ということに気づきました

自分の弱さを見つめて
「俺ならできる」と考えていた自分はやめて

「可能性は信じるけど自分が
頑張るとか言った言葉は
一ミリも信用しない」

と決めてから僕は
少しずつ環境の本当の意味での重要性が
腹落ちしていきます

この時の収入は結構リアルに
30〜70万円くらいでした

自己投資をしつつなんとか
食っていけるような状況です

退路を断とうと思って
一気に100万円支払って
貯金を2000円にしたこともあります

お恥ずかしながら
それでもサボる時だってありましたw

それくらい僕はもともと怠慢で
なかなか動けない人間だってことなのです

で、なんか言われてることやってるのに

「ちょっとちゃうなあ…」
「周りの人はもっと伸びてるのに
なんで僕は伸びんのやろなあ…」

というのを考えて、
色々師匠に聞いてみた結果

「なぜ?働くの?」

っていうことを
ノートにたくさん書いてみるといいよ

ということを教わりました

と、ここで一つの大きな伏線が
回収されることになります

僕、家が普通の家庭だったので
「お金に対するコンプレックス」を
強く持ったことがありませんでした

なので「お金だけを稼ぐ」
ということに対して、
それほど意味を見出せず。

「稼ぐ」にコミットしきれていない
という自分がいることにも
気づいていたのです

そりゃあもちろんビジネス始めたのだから
「稼ぐ」ってことから逃げるのは
僕は論外だと思ってるし。

ってかそれやらないと現実変わらないので
ある一定期間はそうやって
「徹底的に言い訳せずにつむ」

って段階があることも十分わかっています
というかそれを続けてやってきていたところでした

…が。ここでまたゲロ悩みしたのです

どうしてそうなったか?というと

======

自分に必要なお金が稼げる

起業した最初の目的の「自由になる」
という選択肢を達成する

飯食えるし稼ぐ理由がないので
やる気が出ない

ギリギリになってまた
「やばい」という気持ちで動く

必要なお金を稼いだら満足して燃えつきる

以下「これ以上稼ぐ意味がない」
という感覚の無限ループに入る

=======

という繰り返しをしていたのです…が

「なぜ?働くの?」っていうことを
ノートにたくさん書いてみるといいよ

たったこの一言で全てが回収されました

ぼちぼち稼げてはいるものの

「なんか働き方思ってたんとちゃうなあ…」
「もうちょいおもろい働き方したいなあ…」

っていう時はこれをとにかくやることが
「おもろく稼ぐこと」にめちゃくちゃ繋がってきます

当時僕は大阪の心斎橋のフレッサインというホテルに泊まっていたのですが、
そのホテルの中で3日間「なぜ?」というのをノートに書き続けた結果

「おおおおおおおおおおおなんだこれはあああああああああああああ
僕はこれのために生きてたのかああああああああああああああああ

今までのビジネス根幹から覆るやんけえええええええええええええええ」

というなんとも言えない感覚に襲われました

ちなみに僕がこの時出てきた自分の働き方の一つに

「僕自身が挑戦してやってる姿を見せることこそ
自分自身の成長にもなるし他の人にも勇気を与えられる

だから僕が周りの人にどんどん火つけていくぜええええええええええ」

っていうのがありました。
今でもそれはすごく大切にしている働き方です

この時もやっぱり「自分ではよくわからんけどとりあえず話聞いてみた」
っていうのがあったのですぐに結果が出ました

なんかマグマみたいに自分からエネルギーが噴き出てきてめちゃくちゃ力が湧いてくる感じです

そうしてエネルギー量というか熱量というか、
自分のエンジンがめちゃくちゃあったまった状態の時に

Sさんという方がやっていたマインド系の企画&
自分の師匠がやっていたブランディングの企画

に参加することになります

当時僕は貯金がこれまた10万とちょっとだったのですが、
企画参加費は

5万円+5万円=10万円

「ううううううううううううううううううううううう

こええええ…

マジでこえええええええよ…

貯金ゼロ。こえええよ…
これなくなったらもう来月1ヶ月
死ぬ気でどうにか働くしかねえよ…

どうすればいいんだ…こええよ…

…いやでも待て。待て待て。また逃げるのか?

この流れ。ちょうど「お金が足りている」
っていうこの流れ。

猛烈に伸びるチャンスかもしれない。

これはいくしかないだろう。
貯金はなくなるかもしれない。

でも僕は何度も何度も何度も何度も何度も
弱い自分から逃げて負荷から逃げて、

退路を作ってもっt言い訳を尽くしてきた…

でも本当に変わりたいなら?
本当に自分を変えたいと思うなら。

もうこれしかない。このエネルギーがぶち上がってるタイミングで
ここで自分の限界を越えていくしかない。

いける。やれる。今なら絶対にいける。
怖いか?その気持ちはわかる。

でも退路を断て。自分が挑戦してる姿勢を見せるのだ。
そして周りの人に伝播させていくのだ。

今このタイミングは僕が背中で見せるとき。」

そう思ってほぼ貯金全額そこにぶっ込みました

自分のためだけだったら多分怖すぎて、
しんどかったと思うのですが当時自分の友達が

「作業サボっちゃうんだよね…」
ということを言ってたので、だったら自分が作業しまくって
背中で見せたらやる気出るんじゃないか?

と思いながらそのマインド系の企画に誘ってみて、
友達のことを引っ張って一緒にやるような感覚で
どんどん進めていきました

「自分のためだけに動くのではなくて
自分の行動が誰かのためになるのなら」

「僕の挑戦が誰かの勇気になるのであればやろう」

僕は初めてこの感覚で行動するようになりました

そこから僕は、

・ブログ1日20記事作成
・メルマガ1日23通作成
・ツイート1日200個作成

と言ったタスクを朝7時に起きて晩の23時までとことんやる

って言うのを三日間やりました
この三日間で得たものとしては

・あり得ない量をやり切ったことによって自信がついた
・一気に基礎スキルが身についた
・基準値が上がったので「努力」のラインが引き上がって行動力が爆上がりした
・自分がめちゃくちゃやってると周りの人も看過されていい循環になることに気づいた
・負荷乗り越えて挑戦してる時はちょっと疲れるけど鬼楽しい
・弱い自分に勝つためには「とことん退路をたつ」ってことが大事

ってことを学びました

この時、限界突破では

======

まず何のやる気も起きない

サボってた自分に腹が立ってくる

鬼のような葛藤がある(マジでできるのか…大丈夫か)

↓(ここめちゃくちゃ意思力使って乗り越える)

限界突破が楽しくなる

=======

と言うフェーズで動いていくことに気づいて、
葛藤も必要なフェーズだし、
でもその葛藤を乗り越えた先には

超絶楽しい世界が待っているんですね

しんどさの先の楽しさって言うのを学んで、
結果的にこの後

・1日で通話15人する
・5日でセミナー5回やってクロージングしまくる
・1日でセールスレター書き上げて企画作る
・1日16時間作業回×3日×2セットする

みたいなことをやりまくっていたら、
それまでの最高の売り上げが

69万円⇨349万円

まで爆跳ねすることになります

結果が延びる時にやることは、

・先生が言ってることは理由が分からなくてもとりあえず言われた基準値でやる(戦略的思考停止)
・自分が今までにやったこともない量をとことんやる

この2点があると一気にブレイクスルーが起きやすいのです
(あとは先生のアシストとかもありました。ほんと感謝です)

結果が伸び悩んだりとか、現実がなかなか変わらない時は、
僕はこれをするようにしています

限界突破後燃え尽きて「やりたいことしかやりたくない」と完全燃焼。スピで幸せになるも現実進まない&痛い目見る

そして売上5倍になった後の僕は、そのまま絶好調を維持する…
と思いきやここで「燃え尽き症候群」のようになってしまいました

燃え尽きたぜ…真っ白にな…

状態です。

当時の月の目標が300万円ということもあり、
「ああいつでもこうやってやれば達成できるわ」
という気持ちになっていつでもできるとわかってるからこそ、
結局サボってしまうという状況になったのです

なんたる傲慢…と思いますが、
当時有頂天になっていた僕は「やれるぜえええええええええええええ俺無敵」
みたいな勘違いを起こしていましたw

それを繰り返し、継続してとことんやり抜いていって初めて
本当の意味で現実というのは変わっていくのに、
そこで僕は「温めた熱量を保存する環境作り」を
サボってしまったのです

これめちゃくちゃ大事なので2回言いますが

「温めた熱は保存する仕組みを用意しておくこと」
がめちゃくちゃ大事です

最初の限界突破で僕は熱がとても暖まったのですが、
そこから「保存」するのをやめてしまい、
全ての熱を燃やし尽くしてしまいました

熱した鉄は冷めてしまうように、
熱したモチベも保存する仕組みを作らないとすぐに冷めるし、
すぐに行動できなくなってしまうのです

当時の僕はそんなことは知らずに「俺最強」と勘違いしてました

…となかなか自分がやる気を出すことができず、
ここからは「一回稼いだけどやる気出ないから思い切って幸福に振ってみる」
ということもやってみました

具体的にやってたことで言うと、

・気分が乗ったらふらっと旅行に行ってみる(京都とかよく行ってました)
・神社とかそう言うエネルギー高いところに行きまくる
・自分が好きなことと得意なことだけやってあとは人に任せる
(今思うと自立心がなくて超依存的ですが結果が出るのが早かったです。しかし自立してない状態でこれをやると脆い)
・またコンテンツを作ろうとすると拒否反応が出る
・現実を進めるのではなくてとにかく内省・自分と向き合う。みたいなことをやっていました。故に客観性がなくてめちゃくちゃ調子に乗る

みたいな感じでした

ここで一番良かったことは

「自分と向き合う」
「自分の行動を認知する」

って言うことをとことんやり抜いていたことです

これが無限限界突破のピースとなってくる
超絶重要な要素になってくるのです
(この時は全くわかりませんでしたが
のちに綺麗に伏線が回収されることになりました)

結局、先生に言われようが何をしてようが
「自分で自分の行動をコントロールする」
と言うことができていない限りは、
どんないいアドバイスをもらっていても、
どれだけ素晴らしいことを言われていても、

「言われたことをやってないことに気づかない」
みたいな状況だったので結果は変わりません

逆に良くなかったのはスピっぽいことをめちゃくちゃやりまくって、
「エネルギー値高いし行動量あるけど具体的に必要なことができてない
例えばコンテンツ作るとかセールスするとかは鬼サボってしまう」

みたいな状況が続いて、
「幸せだけど金ないからこれ続けられなくないか?笑」
と思い自分の行動が破綻していくことに気づきます

幸せなんですけどね。その幸せが「ずっと続くかどうか?」
って言われるとやっぱスピっぽいことだけやっててもダメで、
きちんと現実が進むこともやっていかないとダメなわけです

精神世界を変えたあとはきちんと現実を変えること

その現実を進めるのには当然力がいるし、
向き合うことだって増えてくるし、
それでも現実を確実に進めていく必要があるんです

ただ現実を進めるだけは以前の僕みたいに燃え尽きがちで、
嫌になる時が来るので要するにバランスが大事なんだな

と言うことにこの時気づきます

=======

現実を進めて

精神世界と向き合って活力を貯めて

また現実と向き合う

=======

と言う流れの連続なのです

ここで僕は調子に乗りに乗りまくって、
人生で初めて「あなたのサービス価値ないので返金してください」
って言う返金請求を食らうことになりますw

やばいくらいショックでしたが
「ああ。現実変える力、機能的価値がないとこうやって
価値のない(と言うかたりてない)サービスを提供することになるんやな」

とめっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっちゃ
自分が調子乗ってたことに気づきます

自分は価値を提供できている
自分は最強である。と鬼の勘違いをかまし始めます
(僕の弱点はすぐに調子に乗ることですw)

当時習っていた先生たちにも

Hさん「かつきんさんは死ぬほどテイカーですな」
Sさん「そうやって調子乗ってるからうまくいかんのやで」

とまじではっきり言っていただいて、ここで僕は

「うわ…こうやって怒ってくださる方の存在ってなんてありがたいんだ…

もし仮にこれで何年も進んでたら僕はどんなしょぼい人間になってたんだろう…

師匠達にマジで感謝感謝感謝

怒っていただいて本当にありがとうございます
注意していただいて本当にありがとうございます…」

と自分の周りにいる方に対して、
ほんとに心の底から感謝することになります

そりゃあもちろん言われる時はきついんですけど、
人生が変わる時っていつだって「ゲロ悩みした時」
だったりするんですよね

そのゲロ悩みがあるからこそ人生は好転していくし、
それを乗り越えていくと「自分にしか提供できない価値」
ってのがどんどん増えてくのです

あと、ゲロ悩みするってことは何かしら挑戦して、
うまく行ってないって結果なので、
順調な証(その時はとてもじゃないけど思えませんがw)
だったりするのです。結果的にこの後に僕は、
今の限界突破塾と言うサービスの元になることを発見します

腹括って精神と時の部屋作業会開催。限界突破力が爆上がりする

そして色々やっていく中で、
作業会とかもやってみたりしました

しかし「価値がない」「シャばい」「それ誰でもできる」
となかなかうまくいかないことが続きます

(ちなみに機能的価値を積み上げる時は多少厳しくても
はっきり言ってもらわないと伸びなかったりします

もちろん言い方とか配慮はありますけどねw)

てか書いてて思いましたが、
やっぱ悔しい思いをしてるって結構大事なんですよね

叱る方も結構労力使うし、
嫌われるかもしれないからしんどいけど言ってくださってるわけなので、
こう言うのが愛情の一つの形なんだなとはっきり感じました

ボコボコにされるのはまじで辛かったですが、
やっぱり愛情を持って叱ってくださる方の存在は大きく、
「クッソおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
ぜってえ負けねええええええええええええええええ

2度と同じ注意は受けんぞおおおおおおおおおおおおおおお」

と言う何くそ精神を持ちながらあれこれやっていき、

最終的に富士山の見える静岡県の宿で

「絶対日本一の作業会を開けるようになる」
って決めて1週間作業しまくることにします

実際にその時にやった作業量はこんな感じ

======

・ブログ37記事
・YouTube動画42本
・メルマガ10通
・ツイート160個以上
・公式LINE41通
・企画2個作成
・セールスレター1枚(リライトします)
・本10冊読破
・インプットのためのメール講座100個以上読破(正確な数は覚えてません…)
・公式LINE・ブログ・YouTube・Twitter全部の導線を修正 etc

======

この時僕は「ああ僕は日本で一番短期間で作業できる人だ
このメソッドをちゃんと確立して伝えたら絶対価値がある」

って言うことを確信して、
今の限界突破塾を企画することにします

なんかこの頃にはもう、
当たり前にできることの基準値がめちゃくちゃ高くなってるし、
ものすごい量の情報が見えるようになってるので、

・作業してるだけで超絶楽しい
・作業中にフロー状態に入っている。なんかすげえ進む
・1日でまじで1ヶ月分くらいの仕事が終わる
・時間を圧縮するって言う感覚を言語化できる
・てか修行そのものが楽しい。孫悟空みたいな感じ

みたいな感覚を手に入れることができたのです

そしてこの時に思ったことは、
「あれ?ネットビジネスの人たちこれくらい作業すれば
みんなめちゃくちゃ儲かるのでは?

と言うか今まで知識だけめちゃくちゃあったけど
何にも行動できてなかったんだなw」

とシンプルな「行動する量が全く足りていなかった」
という事実に気付いてしまい、
自分の作業スピードやこの環境を作る力っていうのを、
もっと極めていこうと思いました

これを1週間やって、3日休んで、また1週間やってっていうのをやりまして、
「日本で短時間で一番作業する方法」と
「その作業が辛くなく自然とできるようになるメンタルの整え方」

っていうのをここで学びました

現実を進めつつメンタル的にも楽しいっていう感じです

ただ苦行でしんどいというよりも、
「しんどいけど楽しい」っていう感覚でずっとできたのが
かなり大きかったように思います

高校生の時とか、ビジネスやってても全然稼げなかった時とか、
スピっぽいことだけやって現実進めるのをやめていた時はなかった
この感覚がすごく楽しかったです

楽するから楽しいのではなくて、
日々自分のやることに集中して現実が進んでいく感覚

これがすごく楽しく実は幸福度も高いことなんだ
っていうことに気づきました

前より稼げるようになるも「稼げるはずやのになんかちゃう。なんで幸せならへんのや…」と三度ゲロ悩み。5年付き合った彼女に振られるわコロナになって吐血するわ。

はい。ここまでまたやってきて以前よりも収入の安定度合いとか、
売り上げの額もぐっと増えまして、
ここで月売り上げが500万円ほどになります

ちょうど一年前のマックスが50万円とかだったので、
僕的には「おおお!めっちゃ成長した!最高!」

と喜んでおりましたし、
正直もう「お金を稼ぐ」っていうただその一点においては、
絶対困らないだろうなっていうレベルでスキルがついたり、
自分にしかできないことがあったり…だと思っていたのです

が、僕はまたここでゲロ悩みすることになります
それは「お金あるし自分と一緒にいてくれる仲間もいるし彼女もいて
これ以上幸せってないんじゃないか…っていうか何が不満がある…」

と未来が見えなくなってしまったのです

幸せは幸せなのですがこれまた「なんか違う」感がやばかったです

幸せなはずなのに…
素晴らしい状況のはずなのに…

なんだこの虚無感は…

というので周りには言えませんでしたが、
もうめちゃくちゃゲロ悩みしました

この時にゲロ悩みした要因としては、

「周りがめちゃくちゃ持ち上げてくるから
自分が本当にやりたいことなのか?それとも周りがただ求めてることなのか?

自分の能力だけ求められてて「かつきん」という人間としてはみられてないんじゃないか?
このまま金稼いで続けてても同じことの繰り返し

楽しみは事業が大きくなることくらい…
楽しいんやけどなんか微妙に求める形と違う感じがする…」

と言った孤独感や虚無感、
なんとも言えない違和感に襲われました

そしてなんとなくそんな雰囲気を読み取ったのか、
5年ほど付き合った彼女に「ごめんなんか違う」って言われて振られ

「な…なんでや…うまく行ってるはずなのに…
ううううううう…わからぬ…

振られたのもショックだが自分はどうすればこれ以上
成長できるのかっていうのがわからない…

同じところを何回もぐるぐる回っている…」

というのがものすごく不安になりました
めっちゃしんどかったです

おもろい人生送りたくて起業したはずなのに、

「あれ?金稼ぎの輪廻に飛び込んだのでは…?
終わらない欲望の渦の中にいるのでは…?
どうすればここから抜けられるの…?

いつまでこうやって稼ぐ額を増やせばいいの?」

っていうのが正直全くわからなくなりました

ポケモンで言うなら四天王倒したけど、
またポケモンのレベルを上げるために四天王を倒す

ずっと同じゲームの中を繰り返し回っていて、
成長してるように見えて成長しているのはスキルだったり、
「お金を稼ぐ」ってことに関することだけだったりして

なんとなく虚無感がある状態が続くと言う感じでした

稼ぐ方法はいくらでも出てくるんだけど、
精神的には全く豊かにならんし
むしろ稼げば稼ぐほど自分の心の中が空っぽになっていくような

そんな感覚に見舞われます

あとは、僕自身2022年の年明けにコロナにかかりまして

・咳と血痰が止まらない
・熱は39度近くまで上がる
・体調不良で限界突破塾開催不可能

というまたまたまたゲロ悩みのピンチな状況に追い込まれて、
2週間ほど死ぬほどダウンしてました

そこで一人の時間が増えて、人生と向き合った結果

「腹括って自分の最大価値を提供し続けるしかない。
僕の今の最大価値は限界突破してる姿勢を届けたりとか
そのあり方を見せて他の人に火をつけること」

っていう「誰にも絶対に譲らない自分だけの生き方」
っていうのが出てきたんですね

それはこれまでの経験的にも、
僕自身一番力が出るポイントでもあったし、
それをすること自体が楽しいし、
他の人にも大きな価値を提供できるポイントです

さらには絶対に他の人は「しんどいからやりたくない」
って思うけど僕自身は楽しんでやれちゃいます

これはもう僕が勝手に決めたことだし、
でも自分が一番楽しくて人生かけてもいいなって思うその生き方です

そして多少しんどくあってもこの「自分が決めた生き方」
に沿って現実を進めることをやっていくし、
自分が決めた生き方で生きていたら自然と周りの人も

「めっちゃやる気出ました」
「2日で60人弱カウンセリングの集客できました!限界突破です!ありがとございます!」
「今月なんか200万くらいもう出てますわ(月の半ばごろ)」

と、現実面が変わってきたりだとか、
自分自身も毎日8時半ー23時まで作業して現実進めまくってるけど、
むしろめちゃくちゃ楽しいのだが?しんどいというよりも
自分が現実進むのも周りの人の調子が上がっていくのも楽しいのだが?

という状況になってきました

一人でなんか頑張ってるっていうよりかは、
仲間と一緒に現実をどんどん進めていって、
そっから一緒に稼いだりとかもっと豊かになっていこう

辛いこととかあってもそれは乗り越えられる
っていうこともみんなで共有しながらその辛さも一つの
ストーリーに変わっていくんだ

ということを実感しながら日々を過ごしております

・働くことに対する虚無感がなくなったこと
・自分が生きている意味を毎日見出せるからそもそも楽しいこと
・仕事の量も質も段違いに増えてきたこと
・毎日自分が好きなことやってるので「調子が非常に良い」状態が続いていること
(僕の場合は楽しようとしたりとかサボろうとしたりすると休みがあっても逆に調子が落ちたりします)
・自分の夢や達成したい目標に対する確信度がさらに上がってきたこと
・仮に目上の人であれ自分の人生のグリップに対しては自分の意見をはっきり述べた上で相手の意見も尊重できるようになったこと

と言ったことが変化として起こってきたのです

人生に対して腹が決まって、
「自分で絶対にグリップにぎる」
っていう感覚がより強く身についていきました

ガチで自分がやりたいこともやるし、
それは現実を進める超絶おもろいこととしてやっていく

っていう覚悟もできた感じですね
なので、暇とかつまらんとかそういう時間がなくなった感じです

今この瞬間をずっと生きている

ていう感じなのです。なので虚無感さようなら〜って感じです

これから目指していく場所。どんな世界を作っていきたいのか?どんな事を達成していきたいのか?

さてここまでは僕の過去と現在についてお話ししていきました
ここからは僕がみているビジョンとか、
これからこれを読んでくれているあなたと一緒に達成していきたいと思っている
未来の話をしていきます

まず僕個人として目指していく未来ですね

・現実面。特にビジネスについて
・精神的な豊かさとか生き方とか在り方とかについて

この二つに分ける方がわかりやすいと思ったので、
ここから話していこうと思います

現実面。特にビジネスについて

これはもうめちゃくちゃわかりやすく年収3億円
これを2024年内に達成します(これを書いてる時から2年後)

ちゃんと期日を切る。っていうのは大切なのでやってるのと、

あと単純に僕の場合は
「高い壁に挑んでそれまでの過程を楽しむのが超好き。
というか僕がちゃんと挑戦してる姿勢を見せることが限界突破だし
めちゃくちゃ勇気出る人多いのでは?」

だと思ってるのでそもそもの僕の生き方にもマッチしてる
っていうのが僕の中で気にいる目標設定です

積みまくりますよ。現実変えまくりますよ。
どうやったらおもろくかつめっちゃ早く現実変えていけるのか?

って言うのは僕の発信見てたら勉強できるので
また発信見ながら学んでみてください

ちなみに困ったらこの自己紹介読み直すのがめちゃおすすめで、
ここに凝縮してめっちゃ詰めてます

3億いくまでの方法論はまだわかりませんが
「やると決めたらやる」っていうのが
すごく大切にしてる生き方の一つなのでここまでどうすればいけるのか?

っていうことを考えながら日々実践等を繰り返していきます

ちなみに3億円という数値に関しては、
「情報発信会の海賊王」を名乗りたいからですw

ルフィもそうだと思うんですけど、
まだ海賊王じゃないけど海賊王になるまでの過程を超楽しんでるし、

自分でなるって決めたなら、
それはそもそもそう思って生きて目標を達成するまでの過程が、
最高に楽しくなっていくんですね

そしてその海賊王になれるものは間違いなく
「海賊王に俺はなる」
って言ってる人だけなので

自分の理念でもある「限界突破」を体現していくことを
とことん楽しんで参ります

精神的な豊かさとか生き方とか在り方とかについて

さてこっちですが、僕は究極的にいうと

「めちゃくちゃ幸福度の高い人生ってどんな人生?」

っていうのを考えて生きてきました
それが結局僕はビジネス面においては「情報発信会の海賊王になる」
ってところなのであって、
この目標の高さとかは人それぞれだと思います

そして僕の場合はですがどんな時に幸福度が高いのか?っていうと

思いもよらないような目標、
その目標を達成していくまでの過程を、
今生きているっていうその時間を
全てのことに感謝しながらとことん楽しんでいる時

この時が最高に楽しいのです

何が幸せか?とかこれは人によって違うと思うんですけど、
僕はその幸福を見つけていったりとか、
現実的に人生を変えていくお手伝いをできる

っていうのは最高に楽しいことだと思うので、
これからも一緒に進んでいく人たちと
前に行けること。そしてその道中を楽しみまくること

っていうのを大切にしていきます

あとは…虚無い(シャばい)発信者ではなくて、

ちゃんと実存性があって一致してる人
になっていくのも大切にしていくことの一つです

虚無いのはどんな感じか?って言うと
たまにメディアで見たその人と、
実際にあったその人の乖離が激しすぎて

「ええ…まじか…」

となる時があります

そういうのは僕はめちゃくちゃ嫌というか、

「メディアよりも実際に会う方が魅力的やんこの人
最高にかっこいい人生送ってるやん」

くらいの方がええよねって思ってます

まあ端的にいうと自分の人生のグリップ握って、
そっからブレずにやってる人になる

っていうのが僕の中ではすごく大切なことなので

働き方ー生き方

がちゃんと一致してるしめちゃ魅力的でおもろい人生送ってる。
そんな発信者としてこれから生きていきます

これが僕の在り方っていうか精神的な目標面ですね
その方がめちゃ幸福度高いからです

ちなみになのですが、
メディア上で色々盛ったりすると、
メディア上の自分と実際の自分の乖離が激しすぎて
超絶しんどくなりますし、

結局それ続かないのでは?

と僕は思ったりします

どうせやるならですね、
しぶとく負けない、ずっとおるなあいつ

みたいな人になるってのが大事かなと思います
自分の人生かけた仕事ですからね

自分にとってもお客さんにとっても他の人にとっても
良い形っていうのを追求していきます

限界突破塾というコミュニティが目指していく場所は?

さてここからは僕個人ではなくて、
「限界突破塾」っていうコミュニティであり、
日本の情報発信会史上最強の現実を進める環境であり
最強の場であるところが
目指していくところについてお話ししていきます

僕はこの限界突破塾を通してみんなと一緒にやっていきたいことが

①絶対絶対絶対に現実を進めること。この資本主義が前提で生きてる社会ででちゃんと儲ける。そのための努力は惜しまない
②精神的にも豊かになっていくこと。働く意味とか在り方とかもちゃんと突き詰める
③そうして現実を進める力をもち、心も豊かな人たちが共に繁盛ではなくて長期的に繁栄していくこと

この3つを大切にしていくこととしています

①についてですが。これはまじで言わずもがな、
この僕たちが今生きている資本主義においては「ちゃんと儲ける」って
すげえ大事なことだと思っています

現実が進むからこそ「あれ?なんか今の働き方に違和感あるな?」
って気づくことができるわけですし、
人生と向き合うきっかけだって出てくるわけです

まあぶっちゃけ稼いでみんとわからんことだってあるし、
でも一人でやるのはそれは結構しんどかったりするわけです

サボっちゃったりだとか、
なんか進まな一定言い訳したりだとか、
今日はもういいかなって寝ちゃったりとか、
YouTube見て現実逃避しちゃったりだとか

色々あると思います

でも、ちゃんと現実を進める力強さと実力と、あとはスキルとか
そういうものがあるから選択肢が手に入るわけです

なので僕の場合はですが
「限界突破塾」という企画やそのメソッドであったりだとか
「情報発信」「マーケティング」「ストーリーライティング」「ブランディング」
といった諸々のスキルを通して、
現実を変えていっているわけですね

この現実を変える力がないときは
「あんたもっと地に足つけなされや」って
誰も話なんて聞いてくれないんです

だから本当に言いたいこととか伝えたいこととか、
そういうのがあるなら「現実を変える力強さ」みたいなのは
絶対つける方がいいと思ってるし、
僕は限界突破塾を開催したりとか、
作業環境っていうのを常に整える

ってことはやってるんですね

ってことで限界突破塾で一緒にやっていきたい!
って人には現実を進める力強さ

みたいなものも一緒に絶対身につけましょうね
ってことは話しております

②精神的にも豊かになっていくこと。働く意味とか在り方とかもちゃんと突き詰める

次はこれなのですが、これスピ的な話ではなくて、

「働き方とか在り方とか突き詰めんと仕事続けられませんよ
つまんないとか虚無感とか持ちながら働いてたら幸福にならんし
なんかちゃうって思いながら人生終わりますよ」

ってことなのです

働き方、在り方っていうのはめちゃくちゃ抽象的なので、
そんなもんまじでいるんか?

って思うかもしれませんけど、
僕は「ちゃんと現実進めるっていう面から見てもめっちゃいる」
って思っています

これ突き詰め底いった先にあるものって何か?っていうと

・熱量高いから仕事のクオリティ上がる
・熱量高いから仕事に対するモチベ問題皆無になる(てかやりたいからやってる)
・仕事のクオリティ高いからそりゃ売上出る
・そもそも仕事おもろいから人生がおもろい
・働き方と人生に一致感があるから虚無感とか違和感とかない

ってことなのです

その方が単純に働く時に強くないですか?
魂震えるくらいのやべえ仕事できるんじゃないですか?
その方がお客さんも喜ぶんじゃないですか?

って話なのです

ちなみにですが、
常に「暇」って結構しんどくて、
今自分が生きてる意味を見失ったりします

僕もちょっとばかし稼げるようになって、
そんなに自分がはたらかなくても…

ってなってたんですけど
「暇」がいいのではなくて
「いつでも暇になれるという選択肢がある」

っていうのが幸福度高かったりしますね

③そうして現実を進める力をもち、心も豊かな人たちが共に繁盛ではなくて長期的に繁栄していくこと

これは結構先の未来になるかもなのですが、
そうやって現実進める力も持ってるし、
虚無感とかなくてめっちゃ楽しく働いてる人たちが集まったら

そりゃなんか世界を動かすようなおもろいことできるし、
なんなら日本のGDPめちゃくちゃ上げられるのでは?w

って僕は思っています

あと、短期的に「商売繁盛」するのではなくて、
10年後も30年後も50年後も…

続いているような「繁栄」してるサービスやら企画やら、
コミュニティやらが出てくる方が僕はおもろいと思ってます

一緒に頑張った仲間ってなんかこう同じ釜の飯を食う
じゃないですけど仲良くなったりすると思うし、
ちゃんとやってるからええサービスできるんですよね

短期的に自分だけ儲けよう。みたいなのって、
そりゃ最初は儲かるけど大体後から周りの人が疲弊したりとかして、
エネルギー吸い取られまくってることが多かったりします

じゃあなくて、お互いに自立してるけど、
最高に良いサービスやコミュニティ同士が手を組んで、
さらに良いものが生まれる状態

っていうのを僕は限界突破塾を通してどんどん作っていけたらめちゃおもろいよな

って思っています

ちなみに僕は僕が死んだあとも限界突破塾が残ってて、
「やべえこのサービス考えたやつ天才!」
って言われるレベル感までどんどん良いものへと進化させていきます

親子3代で使ってもらえるとかめちゃくちゃ理想ですねw

なのでまあ皆さんでそういうものを作りつつ、
自分たちでもそうやってやばいもの作っていこうぜ

お互いそれでもっとおもろいことやっていこうぜ

ってことを僕は画策しております

ちなみに今の話聞いて「自分には無理かも…」とか引く必要は全然なくって、
っていうか僕も最初は何もできない感じだったので、
僕としてはすごく嬉しいのが

「今はまだできてないけど一緒に成長していきたい」
って仲間がどんどん増えてくれることなのです

そりゃ最初からできれば誰も苦労しないし、
ってか僕だってそんなの一年前ならハードル高すぎますw

あと、一人でやってて辛いとか苦しいとか、
僕めちゃくちゃあったので
そこは一緒に限界突破していこうぜ。って話なのです

そのための場所は僕たちが用意しているので
一緒に頑張っていきましょう!

これが限界突破塾っていうコミュニティで目指していく場所です

一緒にやってく人は情報発信とか
ネットビジネス会に風穴開けていくつもりで
どんどんやっていきましょ

はい。ということで自己紹介長くなりましたが、
こちらで自己紹介終了になります

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます

何か一つでも二つでも気づくこととか学びがあったら嬉しいです

公式ラインもやってまして、
登録してくださった方には、現在

『限界突破コンサル』をつけております
ご応募は公式ラインで受け付けております

公式ラインはこちらから

それでは!最後までお付き合いいただきありがとうございました





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

クレカ止まりそうで現実逃避していたところから1年で月売上10倍(50万円⇨500万円)、家賃支払いも危なかったところからシェアハウスを運営できるようになったかつきんの理念はこちら

かつきんの理念『限界突破』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


現在、限界突破コミュニティをこちらの公式ラインで運営しております

===

★どうしてクレカ止まりそうでもサボっていたところから1年で月の売上を10倍(50万円⇨500万円)にできたのか?

★限界突破の秘儀を知りたい!自分も限界突破できるようになりたい!

★熱量の高い仲間たちと一緒に限界突破していきたい!

===

といった方は画像をクリックしてコミュニティにご参加ください!お会いできること楽しみにしております

【限界突破コミュニティに参加する】

次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です